個人と会社の総合診断のご案内

一. 何故個人と会社の総合診断なのでしょうか?

p01

実は税理士になってからズット疑問に思っている事がありました。
それは新規の顧問契約を締結する時です。
ほとんどの税理士は依頼されればすぐに業務を行ないます。
私は、まず現在の会社の状況を調査・分析をする事から始めるべきだと思っています。
そうしないと今何が問題なのかがわかりません。
それがわからないと会社には貢献出来ません、だからまず会社の総合診断なのです。

二. 何故会社の診断に個人も入るのでしょうか?

これも極めて大切な事です、何故ならば個人と会社は一心同体だからです。
そしてどうせ投資をするなら自分の会社だからです。
私は少人数私募債の社債利息を年7%取る事を提案しています。
今時こんな高い利回りの金融商品なんてありません。
そしてその少人数私募債の結果、会社の資金繰りが革命的に改善します。
だから個人のお金で上場株やファンドを購入する、とんでもない事だと思っています。
だから会社の診断に個人も入るのです。

三. 三回訪問します

  • 第1回 資料をいただきます、不足資料がありましたら郵送下さい。
  • 第2回 調査、分析をします、インタビューをします。
  • 第3回 提案書にまとめて報告します。

四. 個人と会社の必要書類は?

  1. 家族関係を教えて下さい。
  2. 会社の最終期の決算書と申告書と明細書、前期,前々期の申告書(申告書のみ)です。
  3. 個人の確定申告書と決算書です。
  4. 個人と会社の土地建物の住宅地図の写しと公図と固定資産税評価証明書です。
  5. その他です。

現金預金、上場株、ファンド、生命保険、ゴルフ会員権等です。
個人の秘密ですので、なかなか出す事を躊躇する部分かと思います。
しかし、なるべく詳しく見せてください。
見せていただかないと判断をあやまりますので、ここは信用していただくしかありません。
どうしても躊躇するようでしたら現金預金3,000万円というような表現でもけっこうです。

五. 改善提案は?

まず財務改善、とりわけ銀行借入金から脱出する提案をします。
5年間の資金運用計画書を作成して会社の資金運用を検討します。
そのために役員退職慰労金の差し引き手取り額や土地等の譲渡代金を、
少人数私募債か時価発行増資で会社に出資をする事を提案します。
その結果会社にはお金が増えます、目標は5年後に実質無借金会社になる事です。

二番目利益を出すのはどうしたらよいか?です。 
勿論それは実践契約に進み経営戦略の立案からが本番です、
ここではとりあえず今現在考えられる事だけを提案します。

三番目自社株対策を提案します。
会社の自社株を計算して、どうすれば株価が低くなるかを提案します。

四番目相続税対策です。
いざという時いくらの相続税評価額になるのかを報告し、
有効な相続税対策を提案します。

勿論3回の訪問だけでその全てを提案する事は無理です。
その場合にはその会社にとって最も大切な事1つか2つだけを提案します。
どの会社にとっても全てが問題だという場合はあまりありません。
しかしどの会社でも少なくても1つか2つは問題点を抱えているものです。

六. 代金は380,000円プラス消費税です

関連会社がある場合には、1社100,000円が追加です
旅費交通費の実費負担をお願いします。

七. 個人と会社の総合診断後実践契約を提案します

お申込・お問合せ

jimusho

048-774-9301
月曜日〜金曜日 09:00〜17:00

こちらのフォームから>>